宙ぶらりん

そんな毎日を送っているわけです。

アフターピルを産婦人科で処方してもらった場合の値段


アフターピルとは性交渉後に避妊に失敗した場合に服用する避妊薬です。
その避妊確率は24時間以内であれば99%と言われています。

しかし、単純にアフターピルと言ってもヤッペ法とノルレボの2通りがあります。
避妊効果に関しては2%程の違いしかありませんが、値段は異なります。
ノルレボは値段が高いけど副作用は少なく、ヤッペ法は値段は安いけど副作用が起こりやすいです。

産婦人科でアフターピルを処方してもらった場合の値段はかなり高いです。

ノルレボ・・・16000円~
ノルレボジェネリック・・・7000円~
ヤッペ法・・・5000円~

上記はあくまでも参考程度の値段です。
アフターピルは保険が適用されないので産婦人科での処方は高くなりがちです。
また、病院によってはアフターピルの薬代の他に初診料や説明料金などが別途
発生する場合があるので値段が気になる場合は必ず事前に電話などで病院に
問い合わせてから受診することをおすすめします。

アフターピルは冒頭で触れたようになるべく24時間、遅くても3日以内に
服用しなければ効果が落ちてしまうので、アフターピルが必要な状況になると
値段なんて気にしていられないという方も多いかもしれません。

大事なことはあらゆる可能性に対して準備をしておくことです。
アフターピルは個人輸入で通販することが可能です。

その場合、1錠200円程度で購入できるので万が一の備えとしても
常に常備しておくと最悪のケースに陥っても慌てることはありません。

関連⇒アフターピルの個人輸入と即日通販する方法


コメントを受け付けておりません。